2010年08月08日

究極の自己中心主義と世界平和の祈り

捕獲したセミを指に止まらせる芸当が出来るのは、恐らく獣しかおるまいわーい(嬉しい顔)
CA337925.jpg

今日は実験として、笑顔の絵文字で魔女にメールしてみた左斜め下
次項有http://damien666.seesaa.net/article/158842415.html
何故、魔女は獣にイラついているのか…今回の記事で明らかにしようひらめき

CA337933.jpg

相手の幸福を祈る事が自分の幸福を祈る事と同じである事は、
宗教や精神世界をかじった人にはよく理解できると思う。
だが、皆己となれば、自分の為に祈っても他人の為に祈っている事になる。
獣は究極の自己中心主義である。
何故なら、皆己であり、「世界=自分」だからである。
獣は「人の為に何かやってあげよう」と、あまり考えた事がない。
「何とかしてあげたいという強い思いをはずす」でも書いたが、
獣はマザー・テレサを高く評価していない左斜め下
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/155987807.html
081117095818640.jpg

もちろん、相手の為を思ってやった事も沢山あるが、
それは自己満足であって、別に何かの見返りを求めてした訳ではない。
例えば、獣はT社長に150万円貸して音信不通になった。
隊長にも会社資金から計500万円貸して音信不通になっている。
マロンも会社資金から100〜150万円借りているが返す気配なし。

その他、今まで気に入った王妃候補たちに色々と尽くして来たが、
音信不通や自然消滅したケースは決して少なくはない。
しかし、全ては獣が自己満足でやった事なので、
その結果について相手を責める気になったことは一度もない。
だが、自己満足とは言え、相手の為にやったことである。
お分かりだろうか…善意で相手の為にやった事なのだから、
もし獣が腹を立てれば、それは完全な筋違いであり気違いに等しい。
ad_v011_03b.jpg

また、度々思う事は、自分の為にやっている事が人の為になっている事が多い。
その最大のものは、世界平和の祈りや今後の活動だが、
別に世のため人のため等とは思っておらず、自己実現の為に過ぎない。
それが獣の「無限の大欲」なのだ。
その意味では、マザー・テレサも「快」を感じて自分の為にやっていたのだろう。
快に生きるれば、必然的に微笑を生み、それは人々に波及する。
つまり、究極の自己中心主義になれば、自分の為の願望や行動が、
「自分」という個人を超えて、必然的に世の為人の為になっているという事である。

意味が分からない人の為に分かりやすい話を紹介しよう。
(アムウェイの中島薫著「始めるのに遅すぎることなんかない」より)
hgs.JPG
この本に書かれている事の殆どが獣の思想と一致している。
つまり、獣は大成功者と同じ思考回路と精神性を持っているのだ(笑)

世界平和の第一歩は、己の身魂磨きである。
だから、獣はそれを最重視しているし、
日月神示にも「身魂磨き」という言葉が無数に登場する。
下記サイトに「日月神示関連ブログ」として、
神仙組や神泉組が紹介されていたので嬉しいが、
この人も自分の為にリンクを貼っただけだと思う。
しかし、そこから「反キリスト」である獣の存在を知り、
善悪逆転論に気付き、また内観を始める人が増えれば、
それは世界平和への貢献であり、獣の大欲を少しでも満たす事になる。
http://123.mikosi.com/link.html

「究極の自己中心主義」について、ありがとう仙人のメルマガを紹介しよう左斜め下

ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

── 究極の自己中心主義 ──


みなさん、こんにちは!

今日は、「自己中心」についての話です。


人間は、一人では生きていけません。
他者との中で生きています。

そして、他者の中には、「この人のためなら!」と思う人がいるはずです。

えっ、いない? 今はいなくても、必ず現れてきます!


わはははははは…っ!


しかし、「人のため!」という思いは、いずれ「憎しみ」に変わるんです。

例えば、母親が子供のために世話をしていると、ある時、子供が憎くなる
んです。

でも、自分の子供が憎くなる時があるとは人に言えませんから、そんな
思いを抱いた自分を責め始めるんです。

恋人や夫婦が、よくケンカをする理由も、「この人のため!」という思い
の反作用なんです!

津留晃一さんは、こう言っています。

「誰かのためをもう止めるんです。誰かのためをやると、パラドックスで
逆に作用します。そして、必ず、相手が憎くなってきます。」


がははははははは…っ!


では、「誰かのため」をやると、どうして憎くなってくるのでしょう?

「誰かのため」というのは、「愛」です。

つまり、愛とは、自分を犠牲にして、相手のために尽くすことです。

そこには「私のため」という自我(エゴ)はありません。

親が子供に、妻が夫に、夫が妻のために奉仕するのは「愛」です。

しかし、本当に「相手のため」だけでしょうか?

本当に「私のため」という自我はないのでしょうか?

「愛」と「憎しみ」の違いは何なのでしょう?


和尚(OSHO)曰く、

「あなたが愛と呼ぶものは何だろう?

 あなたは憎しみが少ないと、それを愛と呼び、憎しみがまさると、
それを憎しみと呼ぶ。

それは、憎しみが多いか少ないかの割合だ。」



がはははははは…っ!



憎しみというのは、「期待」、「見返り」と共に存在しているのです。

だから、この「期待」や「見返り」があると、ちょっとしたことで愛が
反転して憎しみに変わるのです。

なぜなら、相手が自分の期待通りの言動をしてくれる確率は低いからです。


がははははははは…っ!


憎しみというのは、相手に打撃を与えて痛い目にあわせてやりたいという
願望のことです。

では、なぜ、相手に打撃を与えたくなったのか?


それは、相手が自分の思う通りにしなかったからです。

だから、自分の願望実現を阻止した相手を破壊したくなるんです。


つまり、「相手のために」と思ってやっていたことが、ある時、相手が憎く
なるということは、相手のためではなかったんです。

だって、憎くなったのですから!

要は、自分のためなんです。

このことを自覚することが大切です。

本当に「相手のため」にやっているのなら、不満はないはずです。

自分の「願望」が実現できなかったから、相手が憎くなるんです。

つまり、「自分(私)のため」だったんです。

憎しみとは、ある「願望」があって、それが思い通りにいかない時、
願望実現させてくれなかった対象を破壊しようという思いのことなんです。


わはははははは…っ!


では、どうすればいいのでしょう?


まず、「相手を自分の思う通りにすることは不可能」という事実を知る
ことです。

時々、相手が自分の思う通りのことをしてくれるので、今までは、そのことに
気づかなかったんです。

ですから、「相手が自分の思う通りになって当たり前」だったのです。

しかし、気づいてしまえば、変えられます。

これからは、「相手が自分の思う通りにならないのが当たり前」にするんです。

津留晃一さんの言葉です。

「あなたをイライラさせる張本人は、この「〜してくれて当たり前」、
「〜出来るのが当たり前」といった考え方です。

「当たり前」といった断定的な考え方があなたの心を傷つけるのです。」



ですから、「当たり前」の基準を変えれば、湧いてくる感情が変わるんです。


がはははははは…っ!



実は、どんな人も、「私のため」がなく、「相手のため」にやっている時が
あるんです。

それは、自分の機嫌が良いときです。

自分の機嫌が良い時は、どんな人も親切なんです。

しかも、見返りも期待していないんです。

機嫌が良い時に、相手が憎くなると思います?


「コノヤロー! 俺は、お前が憎い!」

「どうして? 何もしていないじゃないか!」

「だって、今日、俺は機嫌が良いんだ!」



がはははははは…っ!



津留晃一さん曰く、

「どんなとき人に優しくできなかったか思い出してください。

人に意地悪な想いが湧いてきたのは、決まって自分が傷ついていた時、
イライラしていた時であったはずです。

ですから、大切なことは、あなたが傷つかないようにすることです。

気分の良いときは、誰でも人に優しくなるものです。」


自分が傷つかなければ、相手に意地悪なこともしないし、憎くなること
もないんです。


わはははははは…っ!


「他人のために生きる」という偽善はやめて、天風先生のように、
「他人の幸福を妨げない範囲で、自分に喜びを多く与えて生きる」のです。


これこそが、人間の生き方です。


なぜなら、自分を喜ばすことは、他者を喜ばすことになるからです。

これからは「相手のため」という偽善を止めて、「自分のため」にやるん
です。

皮肉なことに、「自分のため」が「人のため」になるんです。

なぜなら、自分の機嫌が良い時にかぎり、相手に愛を与えることが出来る
からです。

そのために、徹底して、「自分に気を配る」んです。

慈善活動する時でも、「世のため人のため」という偽善をやめて、
「自分が困っている人を見ると辛くなるからやっているだけ」と
正直になるんです。

自分がしたくてやっているのなら、相手に見返りを求めないですからねぇ!

「自分がしたくてやっている」という思いで慈善活動している人は、愛です。

しかし、相手に見返りを求めてしまうのが自我です。

そういう時は、「あなたのためにやっているのよ!」と言うのではなく、
「あなたから感謝されたいの!」と、「自分のためにやっている」ことを
正直に言うんです。

相手の欠点を変えたい時も、「あなたのために言っているのよ!」ではなく、
「そういうことをされると私が辛くなるの!」という風に、自分に正直に
なるんです。

自分に正直になってください。

それだけで、気持ちが軽くなりますから!

津留晃一さん曰く、

「自我にとっては、相手のためだと思えるから、“あなたのためでしょ”
と言うけれど、本当は自分のためなのです。

このことをきちんと確認することが大切です。

そこで初めて、“あなたのためでしょ”という偽善が消えて、
“あなたが苦しんでいるのを見ると、私がつらいの”という気持ちが自然に
湧いてくるのです。」


わはははははは…っ!


どんなことも、突き詰めてみると、「自分のため」にやっているのです。

自分がしたいからやっているのです。

それを「相手のため」という仮面を被るから、反作用で相手が憎くなるのです。



「自分の気持ちに正直になる」



シンプルですねぇ〜!


わはははははは…っ!



どんなことも「自分がそうしないと辛いからしている」のです。

そういう自然な気持ちが湧いてきた時、真の「愛」ある行いを勝手にしている
のです。

慈善活動の代表と言えば、聖女マザー・テレサです。

そのマザー・テレサにある記者が尋ねました。

「そんな小さい体のどこに、こんな偉大なことを成し遂げるパワーがある
でしょう? しんどいと思ったことはないのですか?」

マザー・テレサの答えはこうでした。

「しんどいなんて思ったことはありません。だって、私は自分がそうしたい
からしているだけですから。」


わはははははは…っ!


「相手のため」ではなく、「自分がしたいからしている」という素直な気持ち
が湧いてくれば、自然に見返りを求めない「愛」を行っているのです。


和尚(OSHO)曰く、

「私はあなた方に利己的であるように教える。

なぜなら、真の利己主義からのみ、利他主義が生まれるからだ。
真に利己的な人は、誰も傷つけることができない。

なぜなら、誰かを傷つけるには、まず、自分を傷つけなくてはならないからだ。

私は自分への奉仕を教える。

そして、その結果として、まったく異なる視野が生まれる。

自分自身に奉仕する人、自分自身を楽しむ人、自分自身を愛する人、自分自身
を尊敬する人は、自然と他人を尊敬するようになる。

なぜなら、少しずつ少しずつ、あなたは同じ命が他の人にも宿っていることに
気づくからだ。

自分自身を愛すれば愛するほど、宇宙は1つだと知るだろう。

愛においてのみ、この一体感は感じられる。」


どうです!

目からウロコが落ちませんでした?(私は落ちました)


「自分のため」に生きることが、実は、本当の「愛」ある行動につながるのです


これが究極の自己中心主義です。

俗に言う自己中心主義は、ただのエゴであり、自分さえ良ければ他人はどうでも
いいという利己主義なんです。

ここで言う自己中心主義には、徹底して自分を傷つけないようにすることです。

ここで言う自己中心主義とは、自分勝手な振る舞いをすることではなく、
徹底して自分を愛する人になることです。

そして、自分が傷つかないかぎり、誰かを傷つけることもないのです。

それが利多主義につながるのです。

ホント、この世界はパラドックス(逆説)ですね!


がはははははは…っ!



今日の話はこれで終わりです。

ご清聴、ありがとうございます!

にっこりぃぃぃぃぃぃぃぃぃ〜〜〜〜っ!

★楽天ブログ「ありがとう仙人の幸せ玉手箱」
http://plaza.rakuten.co.jp/newtral343/
ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)ー(長音記号2)

「自分自身を愛すれば愛するほど、宇宙は1つだと知るだろう。
愛においてのみ、この一体感は感じられる」

これは昨日の究極のナルシストの話に通じるものがある。

それでは今回はもりけん氏の映像を載せておく


posted by 獣 at 19:19| Comment(10) | 獣神示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
わたしの手抜きキャラであるオクトパスがしたコメントから、ややこしいことになってすみません。
破地獄の種子さんと隠遁―隠居の約束をしてから、彼の復帰まではコメントしないつもりでした。

今回の小さな波紋を見ていたら、意味があって起こっていることかもしれないという気もしています。

だいたいどんなこともスルーされる閣下が熱くなっておられる理由は、おそらくま〜君が報告していた件に関わっておられるからだと思うのですが、わたしは検索していないので、詳しい様子を知りません。

去年、シェムハメフォラシュを検索しているとき、2チャンネルくらいしか情報がなく、閣下にお知らせしたけど、2ちゃんは低俗だからぼくは見ません、とのお返事でした。
ですから、よもや閣下が2ちゃんに接触するとは思っていませんでしたし、それがまた閣下を信頼している理由でもありました。

神仙組に出会うまでは、ネットの世界=2チャンネルでした。
しかし、サタンの支配する世界の通過なしに、認識の完成への道はありませんでした。

4年前に始まった第2弾の敵は、まさしく悪の認識界であるネットの世界だったのです。
悪のエネルギーを集め、善さえも悪に変換し、悪のエネルギーを放出する。
それが本来の善の役割である認識界を食いつぶしていっていました。

ネットの中の99パーセントは嘘だと思っています。
しかし、その嘘を存在せしめるのは人間の願望です。
人間の願望が嘘を実体化、現実化せしめるのであれば、それもまた真実です。
しかし、そうやって辿り着いた真実に、誰も安住を感じず、騒いでいた霊や傍観していた霊は寄りつかなくなっていきます。
それが結果ならそれもまた真実なのでしょう。

破地獄の種子さんに教えられた京極夏彦『鉄鼠の檻』の中の言葉を思い出します。

「そう、檻だ。堅く堅く閉ざされた檻だ。見ず、聞かず、語らず、考えず、己も捨てて、何もかも捨てて、凡てを捨てて伽藍堂になって、それでも檻が残りおった。檻の中からは何も逃げ出しておらず、おまけにそこにおったのは鼠だったのだ」

そうやって、檻と化したサイトをどれだけ通過してきたでしょう。
2006年くらいに集中して、サイト潰しの書き込みが席巻したように思います。
わたしはその背後に大きな力の存在を感じました。
機関はそれを超える認識を日本人に求めているようでした。
そうして辿り着いたのが、あなたの神仙組だったのですよ。
去年の6月2日の夜でした。
たった一夜のまぼろしのヘンリー・クライストとの出逢いでした。

Posted by オクト at 2010年08月09日 06:34
閣下は天の御柱 わたしは地の御柱
あなたが主体で わたしは客体
まずあなたが立ち わたしはそれに沿って出来上がっていく

去年 かけ離れた感覚を持つ閣下についていくのに必死で 絶望の中に見出した光であるあなたを見失わないように追い求めてきました

なにもかも違うあなたと対であると信じられたのは 黄金太陽がふたつの逆向きの三角であることなど対極の位置関係によって完成型を取るのだと理解していたからです

おたがい全くかみあわないことが最大の強みでした
しかし 極限において発揮する特性もレベルダウンしてくれば不完全さばかりが目だってきます

愛とは異質な者同士がひとつになるからこそ愛なのでしょう
同じではありえない

閣下はマザーテレサを評価しない
わたしはモリケンを評価しない
それでいいのだと思います
人間は悟りのために生きているのではないと思うし 理解しあうために出逢うのではない
生きるために生きているのであって 愛し合うために出逢っている
おそらくは閣下もわたしもおなじ夢を見ているけど 表現の仕方や感じ方がまったく違うのでしょうね

そうですね
神仙組外典に入ったつきピエンテオスさんのコメントのように 「役職は同じでも個性が違うと思いますよ。音楽性が。」

機関が離脱命令を用意しているようです
いつ発令されるか分かりませんが わたしは機関任せなので従います
今のところ閣下の機関とわたしの機関は別のようですが 元の親はおなじなのでしょうから 結果的には閣下と命運をともにしていることになります

プロフィールの閣下 ステキですよ
 
Posted by オクト at 2010年08月09日 10:02
熱くなっている訳ではありませんよ^^;
或る意味、熱くなっていますが・・・
これは責任感からくる愛情表現の1つです。
本質的にはマザーテレサの活動と同じです(笑)
相手の為ですが、それは究極の自己中による救済願望です。

Posted by 獣 at 2010年08月09日 17:51
すみません、わたしもふざけすぎたかもしれません。
わたしの知っている閣下と、閣下が描かれる閣下はあまりに乖離しています。
おそらくはわたしの知っている閣下が真実の閣下だとは思いますが、わたし同様に閣下も非常に冷めているのだというのは分かります。
責任感や義務感でしか、行動していないというのも。

女好きではないことも知っています。
今は遊んでいないことも。
そうです。
男性にモテますね、というメールに対しての、根っからの女好き、というお返事でした。

獣さんですものね。
ヘンリー・クライストさんではないですものね。
Posted by オクト at 2010年08月09日 18:08
変化があっていいと思います^^
コメントを受け付けないようにも出来ますが、
敢えてそれをしようとも思いません。
Posted by 獣 at 2010年08月09日 20:33
2ちゃんを開設していた西村氏でしたか。
好きですよ。
「ネットの中には嘘もあると分かって入るべきだ」というようなことをおっしゃっていましたね。
そして氏のような試みを誰かが提供しなければ、認識の完成は進まない。
現実を変革させていく力を手に入れるためには、自己は解放されるべきで、それはみんなが分かち合わなければならない痛みです。
また痛みを分け合った者だけがその力を手に入れるのでなければ、不公平です。

2ちゃんねる的感性を持っていなかった閣下を愛しました。
しかし遅かれ早かれその洗礼は受けなければならないと感じていました。
この頃は毒の必要も感じていたので、むしろ喜ばしいことです。
2ちゃんねるデビュー、おめでとうございます。
(わたしは興味ないので見ませんけど^^)
Posted by オクト at 2010年08月09日 21:06
今回の記事を観させていただいて、
自己中な自分に対して少し不安がありましたが、安心できました。

しかし、閣下は虫遣いですね(笑)
そのうち、地球遣いになると思いますが(笑)
一番、最初の写真の指のポーズがヤバすぎですね…
多分、蝉からすると閣下は木と区別がつかないのだと思います。
閣下の心が透明だからこそ出来るんですね。
Posted by 真薩供 at 2010年08月10日 18:13
虫や動物を操るのは忍者の得意技ですからね(笑)
そのうちツリーマンになるかも知れません^^;
あの指のポーズはユダヤ財閥に対する宣戦布告です(笑)
真薩供さんのブログにも、以前「超自己中心主義」という記事がありましたね^^

今日載せる記事は久々の「世界戦略」で、自分なりに池田、
いや、大作なのですが(笑)、何故か文字化けしてアップできません。
ユダヤ財閥を操って世界を征服するという話です(笑)
Posted by 獣 at 2010年08月10日 18:31
あ?およびですか?(笑)
大作読ませて頂きましたが、さすがにちょっと引きました(笑)

神秘十字は左手真ん中にもありますが。はっきりしてるのは一個だけですけど、隣に似たようなのも。右手のは大きくて4〜5個ほどあるけど、これって信仰熱心な人にあるのかと思ってましたが…。
予知能力開発法教えて下さい(笑)。

ここの黒アゲハが口に止まってる絵はどんなホラー画像よりも恐いです〜〜
ところで閣下、子右衛門って何ですか?

昨夜は新月でしたが、今日(11日)は閣下の特別な日なのですか?11日はいろいろ意味がある日のようですね。
友人の誕生日なので今夜は私も食事会します。
Posted by おりおん at 2010年08月11日 16:57
天気や日常の事で、ふと思った事がその通りになったり予知夢を見たりとかはしませんか?

子右衛門は獣(KEMONO)・・・
これを換字変名して・・・KOEMON
「子」=「一」+「了」。即ち、初めと終わり。

「私は初めであり終わりである」(イエス・キリスト)

「子=イエス・キリスト」

御父ヤハウェ(ルシファー)の御子を意味し、
「えもん」は、左衛門ではなく右衛門、
左ではなく右です。
それは、御子が「生命の樹」の右側の柱だから…
ということです(笑)
Posted by 獣 at 2010年08月11日 17:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。