2010年08月31日

プラズマ兵器を使った獣の世界支配計画

今日で夏休みも終わりだが、このブログは地球学校の特進である。
CA338103.jpg

進学塾を経営する私の息子が、突然、不登校に陥って
http://world888.seesaa.net/article/161019198.html

夏休みの最後の思い出作りの為に、
友人に「今から海かプールどう?」と誘うと、急に言われても無理だと断られた。
このブログも東京の友人たちに広まっているようで、
みんなに「閣下」と呼ばれるようになってきた(笑)

獣は大槻教授や米軍とは別の角度からプラズマを研究しているが、
夏休みの間も引きこもって研究していた。
「電磁波兵器による獣の世界支配計画」で、言霊神軍によるプラズマ兵器の話をしたが、
今回はもっとリアルなプラズマ兵器の話をする。
リアルと言っても理論上だが、一応「世界戦略」として書いておく。
PlasmaBallNeon1.jpg

この記事を読んで「やはり獣は気違いだ」と思う人が増えると思うが、それはそれで光栄である。
王仁三郎も「世紀の天才か狂人か」と評価されているが、
獣も狂人と評価される事が多い反面、天才と評価される事も多い。
真相は、災い(天災)転じて福となす天才であり、
理解できない人から見れば狂人に等しいという事である。

さて、アメリカ軍は人工衛星と連動したプラズマ兵器を開発しているが、
獣のプラズマ兵器はそのような科学的・軍事的なものではない。
いずれにしても、プラズマ兵器に対抗できるものはプラズマ兵器しかない。
「三種の神器」の話もしたが、世界征服の為にもう1つ重要なアイテムがある。
それは、三種の神器が収められていた「失われた聖櫃・アーク」である。
アークと三種の神器を手に入れる為に、世界中のユダヤ人が血眼で探しているが、
この謎を題材とした映画が『インディ・ジョーンズ シリーズ』の第1作目の
「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」で、これは決してフィクションではないのだ。
images.jpg

アークと三種の神器はソロモン神殿に祀られていたが、
ユダヤの伝承によるとイスラエル10支族の「ガド族」に持ち去られたという。
イスラエル10支族は、歴史上は失われた部族で行方不明となっている。
アークと三種の神器も行方不明となっており、これを手に入れた者が世界を制するという。

実際のところ、イスラエル10支族の多くが古代日本に渡来し、
ガド族の王がスサノオだったというのが獣説である。
飛鳥説も同様の説を展開しているが、パクッた訳ではない。
あとから色々と参考にして引用したりしたが、
飛鳥説をベースに獣説が成り立っているのではないという事を主張しておきたい。
bswh.bmp

スサノオ率いるイスラエル10支族は、通称「出雲族」と呼ばれ、
「十種神宝」という王位継承の証を携えていた。
十種の神宝はイスラエル10支族を象徴しているのだろう。
これはスサノオからニギハヤヒに継承され、
ニギハヤヒからウマシマジに継承されたはずだが、行方が分からなくなっている。
出雲族&物部氏と共に封印されている可能性が高く、
やはりヤタガラスがキーパーソンになっている。

では、アークと三種の神器は何処へ行ったのか……。
ユダヤの三種の神器は天皇家(日向族)の三種の神器として、皇位継承の証となっている。
天皇は英語で、皇帝と同じ「エンペラー」である。
エンペラーはキングよりも格上だが、世界でエンペラーは獣と天皇陛下しか存在しない。
獣は天皇閣下だが、ルシファー帝国はまだバーチャル国家なので、
現時点では事実上、天皇陛下が世界で一番偉い人という事になる。
その天皇陛下がユダヤの三種の神器を代々継承してきたとなれば、
日本の天皇が世界天皇となるのは間違いないだろう。

だが、真の皇位継承の証は「十種神宝」であり、出雲族に返還される事になるはずだ。
「三種の神器」にしろ「十種神宝」にしろ、公開のキーパーソンはヤタガラスである。
green.jpg

では、アークは何処に存在するのか……。
映画「レイダース」ではエジプトの砂漠の下に眠っているという話で、
その他、伊勢神宮や剣山、エチオピアなど様々な説があるが、
獣の霊的アンテナはインドネシアのスラウェシ島を指し示している。
ここは出雲族が経由した島であり、その血を引くトラジャ族が現存する。
出雲族はここの原住民に「何かを託した歴史がある」という。

では、何を託したのか…アリオンはこう言っている。

「スパスシフィカより熱磁気送信開始。しらぬいの火は点火された」

これはプラズマ兵器を彷彿させるが、古代にプラズマ兵器など存在したのだろうか……。
P7300104_1.jpg

聖書にはプラズマ兵器としか思えない物体の記述がある。
それが「アーク」である。
『旧約聖書』には、アークが起こす恐るべき奇跡の力について記されているが、
それについて飛鳥氏も「プラズマ発生装置=スーパー・ウェポン」だと仮説している。

ノストラダムスの予言でも、アークがプラズマ発生装置である事を彷彿させる。

「アークの光で、金、銀が溶解する
両方の罪人たちは、互いに他方を殺し合うだろう
巨大な都市は倒壊し、艦隊は水の中に沈むだろう」

「黄金で飾られた偉大な製造物
略奪の憂き目にあうが、水の中に投げ入れられる
凄まじい火を放つために発見され
大理石に彫られた書き付けは教訓を与える」


金銀を溶解し、水中でも火を放つものはプラズマしかない。
大理石に彫られた書き付けとは、モーゼの十戒石板であろう。
side-000709L.jpg

ユダヤの伝承によると、三種の神器の1つ「マナの壺」を持ち去ったのはガド族だという。
だが、マナの壺だけ持ち去ったというのも不自然である。
三種の神器が収められた「アーク」ごと持ち去ったと考えるのが自然である。
それはガド族以外の部族の可能性もあるが、聖書に記録がなく、
行方不明となっている以上、イスラエル10支族が持ち去った可能性が高い。
そして、本当にイスラエル10支族(出雲族)が持ち去ったのだとすると、
日本列島に渡来する前にスラウェシ島に隠した可能性も否めない。
少なくとも、獣はそう考えており、いずれトラジャ島にも行く予定である。

仮説とは言え、アークの在処を公開してしまって大丈夫なのだろうか。
もし、世界中のユダヤ人がこの記事を見てスラウェシ島の調査をしても、
或いは獣が死んだとしても心配は要らない。
聖書によれば、アークを手にする資格のない者が手にすると即座に災いが起こるからだ。
スマトラ沖大地震も、アークが原因ではないかと思っている。
そして、どうやらアークを手に入れる使命は獣にあるようなのだ。
「スパスシフィカ」の記事をもう一度読んでもらいたい

失われた聖櫃の謎と新エルサレムの再臨
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/153134422.html
32歳の獣G
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/150496263.html
20090516132750.jpg

恐らく、アークは言霊に反応するプラズマ兵器である。
言霊を使う条件は、身口意(想念・言葉・行動)が一致していることで、
肉食などもしていてはイケない。
これを日本に持ち込む使命が獣にあると感じているのだ。
尚、アークがどのようなものかというと、日本の祭りで見られる「神輿」の原型である。
自分で運んで日本に持ち帰るのは無理なので、
航空便か船便の着払いで伊勢神宮に送りつける事を考えている(笑)

天から火を降せるという黙示録の「第2の獣」、ソロビヨフが予言する魔術師
アポロニーが起こす魔術も、このアークが関与している可能性がある。
いずれにしても、アークの保管と祭祀は伊勢神宮に任せるべきだと考えている。
問題は、スラウェシ島に行って、本当にアークをGet出来るかどうかだが、
それは行ってみない事には分からない。
天啓なので行くしかないが、獣はこのような宝探しの冒険が大好きなのだ(笑)
その時期は2012年に入ってからでいいと思う。
imagesCA9RR172.jpg

日月神示には「天地のびっくり箱」という表現があるが、
地のびっくり箱は恐らく富士山、もしくは北極のプラズマトンネルの事だろう。
天のびっくり箱は「天の岩戸」、天照大神が出てくるので太陽の事だろうか。
または、木星の巨大火山クロノスの事で、クロノスの大噴火で彗星が誕生し、
それが地球に接近することでプラズマトンネルが開いて「いなごの群」が一斉大挙する。
神のしるしのない者(日本国籍のない者=日本列島を占領する外国人)を5ヶ月間苦しめる為……。

それがハルマゲドンであれば、その時期に富士山の爆発も有り得る。
しかも、獣の予言では、いなごの来襲(帰還)は2012年の祇園祭であり、
祇園祭はアークと関連する祭りである。
物質的な物で言えば、アークも「地のビックリ箱」と言えるだろう。

それに対して、天界にもアークが存在する事を「ヨハネの黙示録」は伝えている。
「そして、天にある神の神殿が開かれて、その神殿の中にある契約の箱が見え、
稲妻、さまざまな音、雷、地震が起こり、大粒の雹が降った」


これが「天のビックリ箱」と言えなくもない。
1170725470_photo.jpg

世界各国が日本侵略の為に攻め寄せてくるという話は既にしたが、
現在、中国人が日本の土地を一斉に買い占め始めている。
日中の関係は別の機会に述べるが、もし獣がアークを手に入れれば、
それは事実上の世界征服であり、天変地異を操り、
そしてアルザル人(いなごの群れ)を指揮するという事になる。
もし、獣が手に入れなくても、手に入れる資格を有する者が手に入れたならば、
獣の大願は成就するので「獣の世界征服」は実現した事になるのだ。

世界征服は獣1人の手で行うのではなく、世界征服を企む様々な組織を霊的に動かし、
最終的に天皇の下で統合する事であり、その役割を担うヤタガラスと連携する事である。
獣は茶道・神社の関係で間接的にはヤタガラスと関係があると思うが、
獣自身は今のところ直接的な接点はない。
しかし、重要な事はヤタガラス霊団と連携を取る事である。
昨日も通りすがりの神社を素通りするつもりが、
何か気になってフラッと立ち寄ると、「大烏」が祭神だった。
100830_2019_01.jpg

五十六のシンクロも多いが、霊的な接触は今のところない。
しかし、獣の想念は五十六に届いているはずだ。
尚、富士山が「地のビックリ箱」であれば、富士山の噴火でミニ天体が誕生する可能性も有る。
また、北極のプラズマホールが地のビックリ箱であれば、
アルザル(地球の内核)が飛び出す可能性も無きにしも非ず。
事実、数年前のロシアの発表によると、地球の内核が北極の方に500km移動したという。

いなごの群れはアルザルごと地上に出てくるのかも知れない。
アルザルはプラズマで覆われた地球の内核で、太陽と同じ環境のミニ天体である。
獣説では、北極から飛び出したアルザルは、地球の衛星として第2の太陽となる。
つまり、太陽が2つになるか、或いは夜のない世界になる可能性がある。
そんな事が2年後に本当に起こるのだろうか……。
何が起きても不思議ではない世の中なので、何が起きても不思議ではない。
51U1nKEDdEL__SL500_AA300_.jpg

贖罪神スサノオであるシャンバラ(アルザル)王カルキは、
この世の罪穢れを一掃する為に地上に再臨する。
前回、「罪」について長々と書いたが、
魔女に「罪な女め」とメールすると「何だ」と返事が返って来たので、
「時として罪か常に罪かどっちだ」と送ると「常に罪だ」と返って来た。
それで、この画像を送ってやった(笑)
a0029510_31652.jpg

「罪」という漢字は四に非ずと書く。
「四」はアマテラスの義弟たち(真の闇帝王)の象徴数であり、後に合流した秦氏も含まれる。
「罪」という漢字には、「出雲族を封印して日本を乗っ取ったのは罪ではない」
という意味が込められているのだろうか。

だが、そのような責任放棄は許されない。
「出雲族の封印解除」という責任を果たし(秦氏)、
獣が送るアークを管理してもらわなければならない。
真の闇帝王は、日本列島のエネルギースポットに封印を施した。
エネルギーとは「電磁波」である。
天然の電磁波兵器(ルシファーの働き)を封印したのである。
つまり、獣が使用する電磁波兵器が封印されているのだ。
その封印された電磁波エネルギーが蓄積されて噴出するのが地震である。
M23202C004CBC103r.jpg

アリオンは言う。

『あなたがたの血液の中に漂う「モノリス=DNA」が、生きた脳の思考パルス
により、電気の脳から電気神経組織を伝わってゆくだろう。
あなたがたの作りだした最も新しいテクニカル・ブレーンは、あなたがたの身体
の中に漂う最も古い「モノリス」に繋がる」』


これについてはナイトルシファーで改めて獣の見解を述べるが、
日本列島に仕掛けられた封印が解かれる事で、日本列島は高エネルギーの電磁場となり、
日本人の遺伝子と松果体に変容を起こし、意識進化と肉体進化を起こすキッカケとなる。
つまり、アセンションである。
03694x.jpg

真の闇帝王による物理的な「三四五の封印」を解く使命は、実際のところ、
真の闇帝王の系譜を受け継ぐヤタガラスにある。
彼らは既に動き始めているはずで、アリオンも
「日向の血を受け継いだ者が、この本を読み三四五の封印の知恵を得たら、
四の辺上にあるたった一つのポイントに直観で気づき、自らそこへ行くだろう」

と予言しているので心配は要らない。

ナイトルシファーのブログも少しは参考になれば幸いである。
http://jew-beast.seesaa.net/
jwqy8-thumbnail2.jpg

本来は、ナイトルシファーに載せるべき記事なのだが、
8月16日(大文字焼きの日)に次のような夢を見た。

タテ糸とヨコ糸のクロスの関係
イスラエル10支族とユダヤ2支族の統合でキリストが再臨
出雲族と日向族の統合によってニギハヤヒが再臨

相合い傘に出雲族と日向族
相合い傘は三四五の封印、開く為に真ん中で閉じよとは……
傘の開閉をイメージしてはいけない
三角(三四五の封印)を開く為に閉じたのが相合い傘の形

相合傘の三角を真ん中で開けば「十」になる
封印が解かれてニギハヤヒが復活するということ
岩戸が開いて天照大神(キリスト)が復活するということ
「十」には「イスラエル10支族」や「十種神宝」の意味も含まれる

yun_435.jpg

世界のあらゆる権力組織は獣のマリオネットであり、真の闇帝王をも動かす「裏の闇帝王」である。
獣は密儀によって電磁波を操るが、ルシファーの本体は地球の魂に相当する内核である。
内核はプラズマ天体(恒星)であり、それ自体が最強のプラズマ兵器である。
つまり、獣のプラズマ兵器の1つはルシファー(アルザル)そのものなのだ。

また、太陽のプラズマエネルギーの増大によって地球のマグマが活性化し、
地震や火山の噴火が頻発しているが、これがルシファーの復活である。
太陽にエネルギーを与えているのが親太陽であるシリウス(シリウスもルシファーの象徴)だが、
オコツトによると「太陽と人間の心臓は同じもの」らしい。
太陽の神格化が天照大神であり、心臓に魂(天照大神)が宿っているとすると合点である。
0104_01.jpg

太陽は太陽系の中心であり、「天」である。
心臓も人体(十字架)の中心「点」であり、
太陽と人間の魂が連動しているというのは理論的には納得できる。
太陽が地球や人類に一方的に影響を与えているというよりは、
人類の意識が太陽に影響を与え、それが反射して人類に影響を与えているとも言える。
つまり、シリウスが太陽に影響を与えているというのは、
シリウスが直接的に人類の魂に影響を与えているとも言えるのだ。

真の闇帝王は日本列島に封印を施し、日本人が本来の力を発揮できなくした。
つまり、日本人の胸(点=天)の岩戸が閉められたのだ。
ヤタガラスを動かして日本列島の封印を解くと同時に、
逆からのアプローチを試みるのが「内観」による天の岩戸開きである。
Newmoonpic.jpg

人類は進化派と堕落派に二極化しつつある事は誰もが気付いていると思う。
狂人や凶悪犯罪が増える一方的で、意識進化に目覚める人も増えつつある。
後者の意識覚醒によって太陽エネルギーが増強し、
マグマが活性化してルシファーの封印が解かれようとしているという見方もできる。
それによる天変地異で「三四五の封印」が強制的に破壊される可能性もある。
それは最強のプラズマ兵器である太陽の力であり、それを操るのが獣だとも言える。
つまり、太陽も獣のプラズマ兵器の1つなのだ。

太陽の力を操るという事は、ハイパーネオデジタル内観によって
日本人の天の岩戸を破壊し、真我(太陽神・天照大神)に目覚めさせるという事である。
天のビックリ箱は、天照大神が住む人間の胸でもある。
胸の岩戸が開くとは真我に目覚めるという事で、それは人類のキリスト化を意味する。
それが獣の陰謀であり、それによって獣の世界征服が成就するのだ。
CIMG1083.JPG

結局それは「電磁波兵器による獣の世界支配計画」と同じ事だが、人間はプラズマでもある。
人間は本質的に霊的存在だが、霊は生体プラズマなのだ。
それは、細胞から電磁波を発している事からも頷ける。
また、火の玉もプラズマの一形態だが、人魂が火の玉で描かれることを考えると、
昔の人は魂がプラズマである事を知っていたのかも知れない。
つまり、獣そのものがプラズマ兵器であり、人間(人類)そのものがプラズマ兵器なのだ。

超常現象もプラズマが関係しているが、まさに超能力もプラズマ兵器だと言えるだろう。
超能力には幽界(4次元)の作用によるものと、自分の能力によるものの2種類がある。
聖者は霊性修行によってチャクラが開いて超能力を得るが、
超能力の開発を目的にチャクラを開く修行をすると4次元に通じるので注意を要する。
超能力開発は結果であり、獣は基本的に超能力の発現を否定するスタンスで修行をしている。
CA2SNOEK-thumbnail2.jpg

獣は通常人より霊的能力は高いが、IQが180なので低級な霊的能力ではない。
そして、それは密儀の効果に大きく影響する。
密儀の1つが「言霊」の活用だが、それは空間の言霊波動(電磁波)に影響を与える。
これは音叉の原理にも似ており、その影響は波紋のように波及する。
エネルギーの「バタフライ効果」と言っても良い。
王仁三郎の言霊神軍の神業は、各地の高山に登って行われた。
それは、山の花崗岩に含まれる石英のエネルギー増幅作用を利用する為だった。

獣はその密儀を、5次元に直結する特殊な空間で行なっている。
特殊な空間とは、「すこやかタイプU」で結界を張ってイヤシロチ化し、
「ライフコントローラー」で高エネルギーに満ちた独立天体化し、
更に「ゼッテン116」で高周波によるゼロ磁場を形成し、
それらのエネルギーを増幅する様々な水晶グッズやパワーグッズを
配置した部屋に、ピラミッドテントを設置しているのだ。
特殊な高エネルギー空間に設置したピラミッドテント内部は、
5次元と化していると言っても過言ではないが、更に「六次元の図」も飾っている。

ちなみに、シートはエンバランスで、獣の夏用の敷布団でもある。
CA338095.jpg

そして、ピラミッドは地球の雛型だが、そのピラミッドテントの中で
アルファシータで右左脳を統合して密儀を行なっているのだ。
というより、普段はいつもそのようなライフスタイルである。
そして、実は獣も「三種の神器」を密儀に利用している。
獣の三種の神器は、2つの玉と1本の棒である。

赤い不死鳥は西洋で、金の龍は東洋だが、その珠が獣家に伝わっており、
獣はそれを聖母から授かっている。
この珠が獣の「三種の神器」の内の2つなのだ。
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/141826542.html
CAUU11IP-thumbnail2.jpg

この珠を振ると風変わりな音が鳴るが、これも言霊と同じく
空間の素粒子に共振し、何らかの影響を与えるものと考えられる。
この2つの珠を所有しているという事は、世界は獣の手の中にある事を意味する。
東洋と西洋を霊的(エネルギー的)に操り、統合の為に衝突させ、
霊体一致のミロクの世(千年王国)を完成させるのだ。
その衝撃を最小限に抑え、大難を小難に、小難を無難にするのも密儀である。
くどいようだが、それが獣の世界征服の陰謀である。
CAGW-14395-thumbnail2.jpg

獣の三種の神器の「1本の棒」とは、1本の銅線で作られた「ラブコイル」である。
これは「恋愛成就」というキャッチコピーで販売されているが、
獣の目的は「ネットワークの構築」である。
ネットワークの構築とは、各種権力グループを獣のもとで統合することである。
ラブコイルは若山さんが作った願望実現アイテムで、実際に効果が大きいらしい
が、獣の場合は願望が大き過ぎて今のところ目に見える効果は不明である(笑)
しかし、様々なシンクロから判断して、ヤタガラスや山本五十六など、
霊的なネットワークの構築は着実に進行している実感はある。
CA337439-thumbnail2.jpg

獣の成功哲学は「目標や願望を持たない」ことだが、最初から持たないのではない。
最初は、我欲を超越した大欲(地球的使命の大願)を設定する必要がある。
詳細は「ルシファーによる福音書」で解説するが、
個人的な目標や願望に執着して念の力で達成するのが幽界(4次元)である。
正しい成功法則は、一生かかっても不可能な地球的目標を設定し、それを手放して忘れることである。
あとは流れに任せて、その日その時のインスピレーションに従って「発想即行動」を実践する事である。
その事は少し前にも詳述した通りである。
CA337440-thumbnail2.jpg

さて、ラブコイルに願いを込めると、その願望のエネルギーを放射し続けるという。
つまり、自分自身は目標や願望を手放しても、
ラブコイルは勝手にその願望実現の為に働き続けてくれるのである(笑)
獣の願望は世界征服の為のネットワークの構築(集合無意識の統合)である。
獣はその願望を手放して普段は意識していないが、その願望はラブコイルから
発生しているプラズマエネルギーに乗って、継続的に放射されているのである。

つまり、人類愛によって総ての意識を統合するラブコイルは、獣の身近なプラズマ兵器なのだ。
根拠のない自信ほど怖いものはないというが、総てうまくいっている…という確信を持っている。
何故、確信が持てるのかというと、「過去完了形」で願望を設定しているからで、
獣の認識では既に実現しているからに他ならない。
極論言えば、想念界で実現した事が人間界に移写されるのを待つだけなのだ。


ラブコイルは1本の銅線で作られているが、そこにネットワークの秘密が隠されている。
ネットワークというとピラミッドの組織図のイメージがあるが、そうではない。
誰かを頂点とするヒエラルキーで構成されるピラミッドではない。
釈迦やサイババと同じく、獣はカースト制を否定する者である。
諭吉が言ったように、「天は人の上に人を作らず、人の下に人を作らず」である。
諭吉もメーソンだったが、獣はメーソンのピラミッド組織を否定する者である。
元カリスマネットワーカーの獣は、「ネットワークの構築」を世界戦略としているが、
そのネットワークはワンナリーである。

短いものを集めて繋ぎ合わせて長いものを巻き込んでいく1本ラインであり、
点(個人)は線(全体)と同化して、「一なる全体」を構築するのだ。
そのようにイメージしてもらいたい。
そのイメージが具象化されたのがラブコイルで、個人=全体の天人合一の世界である。
ラブコイルは動かす事でプラズマが発生するという。
ネットワーク構築がプラズマ兵器であり、それを動かすのが「忍法!操りの術」である。
20100323225653047.jpg

今、獣が構築しているネットワークは霊団ばかりで、
ナイトルシファーのネットワーク構築は全然ダメである(笑)
しかし、形の上での入会者数は全く関係ない。
入会申請するのは尖鋭だけであり、事実上は世界人類がメンバーである。

『日月神示』にも次のように示されているが、それと同じである。
「この神示読んでうれしかったら、人に知らしてやれよ、しかし無理には引張って呉れるなよ。
この神は信者集めて喜ぶやうな神でないぞ、世界中の民みな信者ぞ、
それで教会のやうなことするなと申すのぞ」


1本ラインで点(個人)が線(全体)と同化しているならば、人の為は自分の為である。
「究極の自己中心主義」でも述べたが、「人の為」というのは偽善である。
その証拠に、人の為と書いて「偽」という字になる。
「世の為、人の為、あなたの為」という偽善のフレーズを使うのはやめるべきである。
結局は全て「究極の自分」の為なのだ。
昔からリスペクトしていたが、やはりKIBA氏もその事を悟っている。


バトルガーゴイルになると同じ曲とは思えない(笑)
posted by 獣 at 21:05| Comment(7) | 世界戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブス…ってルシファーがそんな差別的言霊使っていいんでしょうか〜。

閣下のネットワークに私も取り込まれてるのかな〜?私は閣下を自分の方の味方にしたいと思ってるのですけど…お互いにうまく統合していけたらいいですね(笑)
16日の夢のお話ですけど、すみません、頭がついて行かなくて。
以前私がコメントした内容とも関係ありますか?
Posted by おりおん at 2010年09月02日 22:26
差別的言霊は使っていませんよ、画像の利用です(笑)
16日の夢、僕も完全に理解しているわけではありません。
獣神示の記事の大半も、夢の中で文章を作って、起きてから清書しているのですが、小説家も夢の中でストーリーが出来あがったりするそうです。
Posted by 獣 at 2010年09月03日 00:02
ラブコイルについて重要な事を書き忘れていたので加筆しました。
「人の為」についても追記しました。
Posted by 獣 at 2010年09月03日 00:34
“情けは人の為ならず”という諺も結構勘違いされていますね。http://okwave.jp/qa/q1349557.html

閣下の論文がわけ分からなくなるのは無理なかったですね。スピリチュアルなアーティストは皆、夢の中で音楽や絵画がダウンロードされてきてるようです。この夢の分析結果に期待したいです。

Oさんは平成の織田信長かな〜?
過去の経過から、今までは疑問符だったけど、副島隆彦氏の本を読んで私も見解変わりました。
こうなったら暗殺される事なく無事政界再編を成し遂げて欲しいと思ってますが…

最近この方のブログから目が離せません(笑)
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/55cc4c7d51e4c1889e4d2664c37f2c3a


Posted by おりおん at 2010年09月03日 19:51
情けは人の為ならずは昔テレビでやっていましたが、半数以上の人が誤解しているようですね^^;
夢の意味は理論的には分かるのですが、
「だから何?」という感じです(笑)
政界のパラダイムシフトも歴史の必然としてなされていくでしょうね。
関ヶ原合戦と民主党代表選が相似形とは、面白いことに気づいたものですね〜。
Posted by 獣 at 2010年09月04日 00:40
 >「ブスは常に罪である」
記事の流れからして、ブスは、カルキに一掃されると言いたいのでしょうか。(怒)
獣さんはイケメンだからいいですね。(シェーーー!)
  「罪な男め!」    (sakuでした。笑)
Posted by ブス at 2010年09月04日 09:15
カルキで消毒してもらえると思って下さい^^
Posted by 獣 at 2010年09月05日 17:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。