2011年02月18日

過去を変えるには・・・

生活習慣は心が刻む彫刻である
123.JPG

まさに、その通りである。
そして継続は力なりで、それによって人生が形成される。
まぁ、当たり前のことである。
今年に入って正月以降、家での飲酒習慣はなくなったが、
自分ではそうするつもりなど全くなかったので、
無意識界からの影響、魂(神)にそうさせられているようだ。

昨日どこかで転んで、ヒジの骨を打撲して痛かった。
投資金が期日を過ぎても返金がなく、
携帯が止まる事が分かっていて、友人にも迷惑を掛けているので、
酒で理性がなくなっている時に少しイラついていたのかも知れない。
転んで打撲したのはそれが原因だと思っているが、
打撲の痛みは反省しても治らない。
cd667694487ee7a941504f65f4290ef3ace7fe00.gif

隈本確の神霊治療では、打撲の痛みも5秒程度で消えるらしいが、
今のところ獣にはそこまでのパワーはない。
サイコセラピーの瞬間催眠でも打撲や肩こりの痛みが数秒で消えるので、
人間の持つ潜在能力は計り知れない。
獣はプロではないのでそこまでの即効性の力はないが、
打撲の痛み程度なら1日程度で治す力は持っている。

だが、今回は何もせずに痛みを放置して痛みを味わっていた。
腕振り運動や軽い筋トレも痛くで出来ず、
1週間くらいは痛みが消えないだろうなと思っていたが、
今日気が付くといつの間にか治っていた。
恐らく、特別な事をしなくてもエネルギーが入ってきているからだろう。
imagesCAMVZU4J.jpg

生長の家では「人間神の子、無限力」と唱えて潜在能力を引き出す。
それも有効な方法だと思うが、「神の子」という言葉が気に入らない。
人間が神の子である事は確かだが、それは一面的事実であり、
「神の子」という概念が神と自分の分離観念を生むからである。
「私は神の子」を何億回唱えても、神との一体化(天人合一)は得られない。
「我、最高の神なり」が正しい認識である。
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/173227241.html

人生を形成する生活習慣は心が刻む彫刻だが、
『日月神示』には次のように示されている。

「現在を祝福することは過去を、未来を、総てを祝福することぞ。
たとえ如何なる現在も、その現在を祝福せなばならん。
喜びせねばならん。喜びもとと申してあろうがな」


これは獣の成功哲学の原点であり、総てを肯定する万事好都合にも通じる。
imagesCA167EST.jpg

以前、このブログと神泉組2で「過去を変える」という事を書いた。
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/170874068.html
http://world888.seesaa.net/article/170675884.html
http://world888.seesaa.net/article/173532767.html

書類整理をしていると同じテーマの事が説かれた紙が出てきたので、
拡大して読んで頂きたいと思う。
kako.JPG

kako2.JPG
posted by 獣 at 23:59| Comment(0) | 獣神示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。