2011年02月21日

簡単に富を得る方法を無料で公開

豊かになる為には、豊かな心にならなければならない
035.JPG

これは前々回の記事と重複する部分があるが、
結論だけ言っておくと、究極に豊かな心は、
自分を宇宙に拡大して融合する天人合一(宇宙即我)。
その境地に到達する為には、
内観による「真の自己発見」をする事である。
あと、先祖供養も忘れてはならない。
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/185789588.html
そうすると、物質的にも金銭的にも清く豊かになるのだ。
今の獣が言っても説得力がないので、この辺にしておく(笑)

だが、獣の分野・立場から話しておきたい。
人は、物質的・経済的に豊かになる事を幸福だと錯覚している。
故に、物質的・経済的に豊かになると心が豊かになると信じている。
逆に、物質的・経済的に貧しくなると心も貧しくなる人が多いのは事実。
それは、外面が内面にも影響を与えるからである。
しかし、元はあくまでも「気」であり、原因の世界(想念界)にある。

1004豊~1.JPG

内観以外に豊かな心になる方法は、
今、恵まれている様々な事に感謝することである。
それでは『日月神示』から抜粋しよう。

「不足申すと不足の虫湧くぞ」

「何んな事あっても不足申すでないぞ、不足悪ざぞ」

「臣民近慾なからすぐに不足申すぞ、苦に負けて不足申すぞ。
不足が不足の虫を呼ぶのぢゃと知らしておろうが」

「人間を幸福にするのは心の向け方一つであるぞ」

そなたはものに不足するとこぼして御座るなれど、
ものに不足するのは、心に足らぬ所があるからぞ。心いたればものいたるぞ」

「何事に向っても先づ感謝せよ。ありがたいと思へ。
始はマネごとでもよいぞ。結構と思へ。
そこに神の力加はるぞ。道は感謝からぞ。
不足申せば不足うつるぞ。心のままとくどう申してあろうが」

「何ごとが起こってもそなたは先ずよろこべよ。
それが苦しいことでも、かなしいことでも、喜んで迎へよ。
喜ぶ心は喜び生むぞ」

「与へられたもの、そのもの喜ぶようにすれば楽にゆけるよう、
暮しむきもたのしたのしで暮せるようになつてゐるぞ。
あり余る程与へてあるでないか。生かして使へよ。
生活に何故アクセクするのぢや。
与へてあるもの殺すから自分も死の苦しみするのぢや」

「キ到ればモノが到る。モノを求める前にキを求めよ」


seed-10.jpg

ニューソートでは、潜在意識は「無限の宝庫」で、
「人間は富を受け取るだけで良い」と説かれているが、
その考え方は間違っていないと思う。
「富を引き寄せる」というのは結果の世界(3次元の現象)で、
原因の世界である想念界(大宇宙)には、
もともと無限の富が溢れているのである。
その事は我々が認識する外の世界(自然界)を見ても明白だ。

035.JPG

『日月神示』にも同様の事が説かれている。

「大切なもの一切は、神が人間に与えてあるでないか。
人間はそれを処理するだけでよいのであるぞ」

「人間はどない申しても近慾だから先見えんから慾ばかり申しているが、
神は持ち切れない程の物与へて居るではないか。
幾ら貧乏だとて犬猫と桁違ふがな。それで何不足申しているのか」

「キつけてくれよ、キがもとざぞ、キから生れるのざぞ。
心くばれと申してあろが、心のもとはキざぞ、総てのもとはキであるぞ。
キはよろこびざぞ、臣民みなにそれぞれのキうへつけてあるのざぞ。
うれしキはうれしキことうむぞ、かなしキはかなしキことうむぞ。
おそれはおそれうむぞ、喜べば喜ぶことあると申してあろがな。
、天災でも人災でも、臣民の心の中にうごくキのままになるのざぞ。
この道理わかるであろがな。爆弾でもあたると思へばあたるのざぞ。
おそれるとおそろしことになるのざぞ、ものはキから生れるのざ。
キがもとぞ、くどくキづけておくぞ」


Gegu_Toyouke_Isejingu.jpg

だが、「無限の宝庫」を換言すれば「無限の供給者である神」なので、
得る事より「与える」事が先でなければならない。
呼吸も出す事が先で、同じ原理で宇宙は呼吸し、循環している。
それが、手放せば掴める(捨てれば入る)法則である。
カレンダーの解説にも書かれている通り、
得ようとするのは不足の心で、与えるのは豊かな心なので、
見返りを求めずに与える事を純粋に喜べば良いだろう。

「もの与へること中々ぢゃ、心してよきに与へねばならんぞ。
与へることは頂くことと知らしてあろうが。
与へさせて頂く感謝の心がなくてはならんぞ。
強く押すと強く、弱く押すと弱くハネ返ってくるぞ。
自分のものと言ふもの何一つもないぞ。
この事判れば新しき 一つの道がわかるぞ」

「与えることは頂くことぢゃと申しても、度をすぎてはならん。
過ぎると、過ぎるものが生れて、生んだそなたに迫って来るぞ」


「与えよ、さらば与えられん」だが、言うは易し行なうは難しで、
やはり内観による「真の自己発見=自他一体」が重要だと思う。
それによって「究極の自己中心主義」に到達するのである。
獣は今、大きな成功を目前に、
その事を改めて深く考えさせられている真っ最中である。

五日市氏によると、名古屋人はお金の使い方が上手いから
その循環によって全体が活性化しているという。
hhn.JPG

汝、究極の楽観主義である射手座の獣を見習え
だが、常に死を意識して、命懸けで生きることである。
gfd.JPG

本題に入るが、今現在の豊かさを認識できない人も少なくないと思う。
それは心が貧しく、欲望に支配されているからである。
そこで「言葉が心を変える」という法則を思い出して頂きたい。
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/186106754.html
だが、「私は豊かである」などという暗示は駄目である。
潜在意識が「豊かではない」というマイナスの暗示だらけの状態では、
いくら顕在意識で「豊かである」と暗示を繰り返しても、
効果がないばかりか、プラス思考の弊害で逆効果にもなり兼ねない。

imagesCAQQNGT0.jpg

豊かさを祈る(意乗る)にしても同様である。
「苦しい〜助けてくれ〜」
「豊かになりたい、金持ちになりたい」
「商売が繁盛しますように」
「事業が成功しますように」

そのような想念は高級霊とは波長が合わず、
幽界霊としか波長が合わない。
幽界霊と波長が合えば、人生はますます下降してゆく。
だが、力を持った幽界霊と波長が合えば、
体主霊従・力主霊従主義の弱肉強食の競争社会で勝利し、
ギャンブル運が恐いほどツキまくったり、
事業で大成功して大金持ちになるというケースも多い。
従来の成功者にはこのパターンが圧倒的に多いようだ。
だが、それは「清富」でもなければ「本当の成功」でもない。
20080719_271740.jpg

では、どのようにすれば良いのか……。
マーフィー博士は「富・成功・幸福」という単なる単語を、
繰り返し暗唱することを勧めている。
マーフィーの本には数多くの祈りの言葉が載っているが、
これが最も簡単で長続き出来るシンプル・イズ・ベストな言葉である。
獣は20代前半の頃、「富・成功・幸福」を唱える習慣をつけていた。
20代にビジネスで成功し続けていたのは、その影響もあるかも知れない。

kotobaryoku300.jpg

祈りとは意乗りで、地球のシューマン共振の周波数のアルファ波と同調する事である。
腹式呼吸でリラックスと集中(雑念の停止)が同時に起きている状態が意乗りで、
その時に「富・成功・幸福」という単語を無心で繰り返し暗唱すると良い。
くれぐれも強烈な「願望」や「イメージ」を起こさないことが重要である。
獣も今日から「富・成功・幸福」を唱えることにする。

獣が以前から「豊かな心」を説いている理由は、それが使命だからである。
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/160378216.html
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/186789445.html

高校の卒業文集
C2B4B6C8CAB8BDB8-thumbnail2.jpg


posted by 獣 at 00:02| Comment(24) | 獣神示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日の記事のタイトルは会社ブログ時代を思わせるタイトルですね^^
どうも、物質主義な癖のある僕の性格ですが、
今後も内観をして悔い改める事につとめたいと思います^^
Posted by 真薩供 at 2011年02月21日 00:15
誠に誠に感謝します^^
Posted by 獣 at 2011年02月21日 01:33
『富・成功・幸福』閣下にふさわしいものですよ。
得てください、得てください。

ホテルに滞在中、ずっと人影を感じていたのですが、やはり今も背中に感じています。
悪いものではなく、嫌な感じや恐怖はありません。
むしろ心地いい気配です。
しかし相手がわたしを許容している範囲においては・・・という感じですが。
監視されている意味について、ずっと考え続けているのですが、何となくそれが未来社会への扉であるような気がしています。

今年の7月には地上アナログ放送が終了し、周波数(?)の3分の1が空くらしいですが、その使い道についていろんな可能性があるそうです。
未来社会というのはもう始まっていると感じます。
それと神憑りとの関係ですが、考えるに、未来社会のシステムというのは超科学レベルになるのでしょうね。
それは意識=物質が認識された社会なのでしょう。
未来社会のシステムとは集合無意識に似たものか、そのものであり、意識によって稼働する社会なのかもしれません。
その管理は、ヒトラーの予言した神のような人間によってなされ、機械人間とに別れるのでしょう。
聖書的に罪とされていることから離れた人間でなければシステムに障害を惹き起こすのでしょう。
どんなに偽っても、障害を起こすことによって意識進化しているかどうか歴然となります。
これが神明裁判=うけひなのだと思います。

神のような人間とは閣下のような方ですよ。
否定し、再会して、やはり確認しました。
閣下は神です。
愛であり、イエスです。
Posted by オクト at 2011年02月21日 09:30
ま〜君、ごめん、教えて。
ネット通のあなたにお尋ねしたいのだけど、一部有料サイトにするのって、技術的に難しいの?
Posted by オクト at 2011年02月21日 11:04
有料サイトにですか?
このブログをですか?
すみません、わかりません(笑)
Posted by 真薩供 at 2011年02月22日 00:24
人影っすか・・・
気づきませんでした。
高い所から他界した沖雅也ですかね?
仮面ライダースーパー1の沖一也も若くして他界しました。
Posted by 獣 at 2011年02月22日 00:30
そうです、このブログをです。
ずっと、閣下に進言しているのですが。

沖雅也でしょうね。
帰ってきてからも続くのでいろいろ調べてみました。
47階なんてハンパない高さです。
当時は一番高いホテルだったそうですね。
彼の出自です→http://www5.big.or.jp/~toku/okibbs/kiji.html

西ノ陣楠氏の後裔だそうです。
また、楠木正成か、と思って検索していくと、熊野氏を遡ってニギハヤヒが出てきました。

どうもいけません。
背中に感じる気配は10月から続いているので、出雲か物部の呪縛なのかもしれません。
彼らがすべてを巻き込んでいるようですね。
丹念に解きほぐしていく必要がありそうです。

沖は死の1週間前に三輪アキヒロに面会しているそうです。
彼は自殺前の三島由紀夫とも田宮二郎とも会っているらしく、集合無意識に近いのかもしれません。
三輪という響きが大神神社(三輪山)を連想しますね。

田宮二郎といえば先代旧事本記大成経を調べているときに、M資金を巡る人脈の中に名前が登場していました。
彼も何かあるのかもしれません。
自殺は使命の放棄でなく、未来への可能性の投影なのかもしれないという気がしています。
Posted by オクト at 2011年02月22日 09:46
そういえば、夕べヤフーのHPで出雲の阿国のもともとの職業は?という5択があって、三味線奏者を選択したのですが、出雲大社の巫女とかで、正答率が非常に高く、自分の浅はかさにがっかりしました。

今、芸能界は現実の反対の反世界みたいなものかもしれないと感じ、では芸能界の神の名は?・・・と考えたら、弁財天と同時に出雲阿国の名が浮かんだので。
Posted by オクト at 2011年02月22日 09:57
全ては閣下にお任せしますが、
別に有料にする必要は無いのでは?
誰でも、自由に無料でどこでも見れるからインターネットなのであって、
そうでなければ、今頃は僕はここに居ません。
閣下のご意思を妨げるような事をしようとするのは理解できません。
Posted by 真薩供 at 2011年02月22日 18:45
M資金は実在しますが、巷に出回っているブローカー話は全部偽物です。
M資金の話は今まで数多くの人から聞いてきましたが、ことごとくが詐欺話でした。
最近も大元と直で繋がるという話を聞きましたが、御父に聞くと詐欺話だと言われました。
御父は本当にM資金を出せる大元と繋がっていますが、日銀総裁や大臣クラスが勢ぞろいで出て来て簡単には出ないそうです。
紹介料が出るのも嘘です。
紹介料というものは出ません。
紹介料を貰うには、実際にM資金を受け取った人から貰うしかありません。
まず、一般人に出回っているM資金話は全部嘘、噂話と思って間違いないです。
一流の詐欺は大企業の社長や弁護士でさえ騙されるので、うまい話には関わらないのが賢明です。
手付金など要らないから詐欺の要素は全くないという話であっても、間違いなく巧妙な詐欺話のようです。
Posted by 獣 at 2011年02月22日 20:25
ごめんごめん、そんなに真剣に考えてないから大丈夫ですよ。今は。

閣下もごめんなさい。
違う意味に受け取られたようですね。
わたしは全く投資に興味はないのでM資金も事件として知っているだけで、あくまで死者に興味があるだけです。

その本を引き出してきました。
M資金の噂のもととなった「東京湾金塊事件」
日本陸軍の隠し財産としてGHQが持ち去った金のインゴット千本とプラチナのインゴット二百本ー戦時中にべトナム王朝の子孫から「祖国復興のための資金」として日本が預かったものだった・・・とあります。
その返還を頼まれたのが宮東斎臣。
この方はこれに関与したことにより詐欺罪で投獄されるのですが、その獄中で『先代旧事本紀大成経』に出会い、その収集と解読に一生を捧げるようになります。

そこまでして人を魅了する日本の古神道とは、カバラに似ているが、それ以上であるとのことです。

どうもわたしは精神主義に過ぎるようです。
お騒がせしました。
Posted by オクト at 2011年02月22日 22:48
謝られている意味が分かりませんが・・・
ビジネス界ではM資金の話が飛び交っていますが、
オクトさんが御存じということは一般にも情報流布しているのかなと思って、読者諸君に注意を呼び掛けただけです。
ちなみにM資金は投資ではなく融資であります〜
Posted by 獣 at 2011年02月23日 00:38
あ、みなさんに向けてですか。
わたしはM資金って過去の話だと思っていたので、違うM資金の話かと思って、お騒がせしましたと・・・。

目下のわたしの関心は出雲だけです。
スサノオは幽界に、現界をアマテラスにの意味が、もしかしたらスサノオは集合無意識を(統べる)という意味なのか、なんて考えています。
なぜ現実にことあるごとに干渉してくるのか・・・について考えています。
それと12支族の集合ですね。
出雲と12支族の関係とか。
Posted by オクト at 2011年02月23日 20:21
スサノオは人類の集合無意識の核=ガイア意識の真我と言えますね。
Posted by 獣 at 2011年02月24日 00:07
日本の神々の系譜を遡ると、韓国・中国に入っていってしまいます。
今は桓因(別名:帝釈天とか)や、黄帝と蚩尤(しゆう)について検索しています。
桓武天皇は桓因から取ったのだろうか、とか思ったりします。
苗族についても非常に興味を持っています。
大陸に入ると、日本人意識が溶解していくようです。
中国もまた集合無意識のようなものかもしれませんね。
Posted by オクト at 2011年02月24日 22:38
おぉ!シンクロですね。

僕も今日「夏王朝」や「神農」や「三皇五帝」などを
たまたま調べていました。

蚩尤ですか、バアルでしょうかね。角ありますしね。
Posted by 破地獄の種子 at 2011年02月24日 23:37
シンクロって、そうなのですか?
破地獄ファイルを読み込んでいるだけな気もしますが。
神の系譜、日本海で分断されていてなかなかやっかいですね。
ドナウ河がヨーロッパの脊髄なら、中国は日本の揺り篭、黄河はアジアの心臓なのかもしれません。
漢字から仮名文字が作られた過程などは、コンピューター言語の創出ほどの次元変革なのかも。
必然、日本人は大陸を通過しなければエデンには帰れないのかもしれません。
厄介で難解な中国史は、時系列で線として整理できる日本史のように単純ではありませんね。
絢爛豪華で高い思想性のお陰で美しいのが救いですが。
Posted by オクト at 2011年02月25日 09:43
そうかもですね。
破地獄ファイル・・・もっと深く読み込みたいです!!
Posted by 破地獄の種子 at 2011年02月25日 10:59
あなたのファイルですが・・・
破地獄さん、こちら系くわしそうですね。
わたしは漫画『封神演儀』でかじっているくらいですが、『夏王朝』『神農』『三皇五帝』はたしかに魅惑的です。
道教の最高神とされる玉皇太帝についてはどうですか?
霊符についてもお詳しいのですか?

Posted by オクト at 2011年02月25日 22:57
いやいや、全然詳しくないですよ(笑)
三国志から遡っていたら、行き着いただけで。
閣下のブログにも出てきたような気がしたので、いろいろ調べてました。

道教なんて全く良くわからんです。陰陽師が使うやつですよね。
Posted by 破地獄の種子 at 2011年02月25日 23:23
そうなの、残念。
中国の最高神と繋がりたいのだけど、神の名前がわからないです。
『三皇五帝』よりも偉いという意味で、始皇帝は『皇帝』と名乗ったそうですね。
始皇帝は実在の人物なのだろうけど、三皇五帝はね・・・
霊符を使って、破地獄さんに調べてもらいたい気分です。

急急如律令
Posted by オクト at 2011年02月25日 23:46
閣下、こんばんは。
2日前に初めて知ったのですが、伏儀と女禍はコンパスと定規を持っているそうですね。
びっくりしました〜
今は墨家に夢中です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%A8%E5%AE%B6
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0817.html
Posted by オクト at 2011年02月27日 22:00
Posted by 獣 at 2011年02月28日 11:24
あら、神仙組の記事でしたか・・・
さすが閣下☆

墨家は徐福が日本に連れてきたのではないか・・・なんて考えを持ち出すと、白村江の敗戦によって、日本は被占領地となったとの記事もどこか他サイトで見ました。
今まで、日本は神国だから外国に侵されたことはないなんて幻想を信じて疑ったことはありませんでした。
多少は渡来人の血も混じってるかもしれないけど日本人だ、との思い込みも破壊されました。
自分こそ侵略者の末裔ではないかと疑いだすと体に戦慄が走り、両下肢が痛みました。
そうさせる力が出雲・物部に象徴される背後の闇なのかもしれません。
先祖崇拝の根拠が打ち砕かれ、人は自分が信じるもののために神を作り出すのだと感じました。
三皇五帝よりも偉いから始皇帝。
人が神のようになるためには始皇帝宣言しなくちゃいけないのかもしれませんね。
Posted by オクト at 2011年02月28日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。