2011年02月25日

ミロクの世を実現するルシファーの呪文

明るい言葉をドンドン出しなさい
035.JPG

前回、明るい未来を約束した獣だが、
その為には、明るい言葉を積極的に活用する必要がある。
言葉の創化力……言葉(言霊)が現実を創るからである。

カレンダーの説明には「人はどんな立場にいても、
今与えられているすばらしいいのちのことを考えると、
明るく、笑って、生きることができるのだ」
とされているが、
素直にそう思える人がどれだけいることだろうか……。

心が明るくなければ明るい言葉は出て来ない。
そこで、明るい言葉で心を明るくするのである。
聖書にも記されている通り、言葉は「光」であり、
光透波(ことば)という波動・エネルギーである。

「明るい言葉」とは、人のマイナス面を言わない事が前提である
ghmj.JPG009.JPG

暗い心や暗い言葉を否定するのは「明るい言葉」ではない。
通常のプラス思考が、マイナスの心や言葉を否定するのと同じだ。
明るい未来とは「ミロクの世」である。
それは、善(霊主体従)と悪が(体主霊従)が融合した世である。
悪を排除するのではなく、善が悪を抱き参らせて浄化するのだ。

001.JPG

「明」という字も「日」と「月」で構成されている通り、
陰を排除するのではなく、陰陽合一を表している。
全てを肯定する豊かな心が、陰陽を合一した「明」なのだ。
それ故、『日月神示』も陰陽(善悪)合一した神示である。
明るい日と書いて「明日」となるが、
明日(未来の意)は明るい事が最初から約束されているのである。

012.JPG

獣は「陰陽バランス調整器」を部屋に置き、
陰陽合一のメディテーションも行なっている。
だが、ここでそれを紹介するつもりはない。
まずは、内観第一で真我に目覚める事で陰陽合一は達成できる。
その時、ニュートラル思考(究極のプラス思考)が身に付き、
心と言葉と表情は自然に「明るい」ものとなる。

CAW11I81-thumbnail2.jpg

難しい理論を述べてきたが、要は日々の内観で反省と感謝をすると、
物事を肯定的に明るく考えることが出来るようになる。
そして真我に目覚めれば、真我の光で次元の違う明るさを体得する。
そうなれば、心も言葉も表情も常に「明るい」状態となる。
だが、人はなかなかそこまでには至らないので、
内観をしつつ、明るい表情と言葉で真我覚醒を促すのである。

また、「笑いの効用」も医学的にも説かれ始めてきているが、
努めて笑うようにすれば心身の健康や若返りに大きな効果があり、
「笑う門に福来たる」の原理でハッピー&ラッキーな現象も起きる。

rty.JPG010.JPG

shja.JPG

しかし、この記事をここまで読んで納得しても、
残念ながら人々の言葉は簡単には変わらないだろう。
従って、意識して積極的に言葉を変える必要がある。
その為の訓練として「アファーメーション」が流行しているが、
そのような無理やりなプラスの自己暗示をするよりも、
「言霊」の力を活用した「言葉」を読む方が断然良い。
そこでお勧めするのが、『日月神示』を読む事である。

「この神示声立てて読みて下されと申してあろがな。
臣民ばかりに聞かすのでないぞ。 守護神殿、神々様にも聞かすのぞ。
声出して読みてさえおればよくなるのざぞよ」

「神を讃える声が天地に満ち満ちて、嬉し嬉しの世となるのざぞ」


つまり、「明るい言葉」の最上級が「祝詞」なのだ。

product_08.jpg

『日月神示』のエッセンスである「一二三祝詞」を唱えることが
何よりも重要だと言っても過言ではないかも知れない。


ひふみ よいむなや こともちろらね
しきる ゆゐつわぬ そをたはくめか
うおえ にさりへて のますあせゑほ れーけー


拍手を打ちながら3回繰り返し唱えるのだが、
正式(正確)な唱え方は以下のCDを手本にしてもらいたい。

「ひふみのりと」について
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=200807006

norito.jpg

心を明るくして、真我の覚醒を促す為には、
朝日の太陽瞑想しながら一二三祝詞を唱えるのがベターである。
太陽瞑想だけでも大きな効果があり、鬱なども短期間で解消するという。
鬱はメラトニン分泌障害だが、太陽瞑想で光センサーである松果体が活性化し、
メラトニンが分泌されることが分かっている。
松果体は間脳の中心にある人体のコントロールセンターで、
第三の目である「アジナ・チャクラ」の位置に存在する。

022.JPG

朝日の太陽の光で松果体(アジナ・チャクラ)を覚醒させ、
それをハート・チャクラに降ろして魂に光をチャージし、
更に、腹式呼吸と共に丹田に降ろした後、
息を吐きながら光の玉を胸に戻し、松果体に戻し、太陽に戻す。
これを3回繰り返した後、最後は丹田の光の玉(太陽)を拡大し、
自分を包み込んで更に宇宙大に拡大し、
その時に「一二三祝詞」を3回唱えるのが獣式太陽瞑想である。

獣の太陽瞑想は、光呼吸ヒーリングも融合されている
023..jpg

024.JPG 024..jpg

黒住宗忠は、深い悲しみから心身が衰弱し、
肺結核を患って死の床に就いていたが、
太陽瞑想をして間断なく笑い続けることで肺結核を克服し、
黒住教を開いて「陽気暮らし」を説いた。

太陽メディテーションとアセンション
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/161312605.html

寺山氏も日の出の太陽瞑想でガンを克服した
015.JPG

また、スポーツ選手や肉体労働者に精神病患者がいない通り、
スポーツや肉体労働によって精神病を克服した人を何人も見てきた。
ストレスを吹き飛ばし、心身を健全に保つ為には適度な運動も必要だ。
真向法、腕振り、首回し、手首・足首回し、腰回し、散歩、
アイソメトリックによる簡単な筋トレを日課にしていたら十分である。
その他、肥田式腹式呼吸、アナパナサチ呼吸、
シルバー・レイを使った邪気抜きなどの日課も効果は絶大だ。

a0040522_19131395.jpg

近年、鬱病になる人が多く、抗うつ剤のSSRIが使われているが、
以前問題になったタミフルのように、
SSRIを服用していると自殺衝動や殺人衝動に駆られるらしい。
朝日を浴びて適度な運動をし、腹式呼吸を習慣にすれば、
心身は健康になっていくということを約束しよう。
最近、獣が知り合う人たちにウツ病が多いので、
ウツ病治療のカウンセリングにも力を入れるようになった。

◆ウツ病対策マニュアル◆
016.JPG

017.JPG

ウツの人はこのサプリも利用すると良いかも知れない
016.JPG


posted by 獣 at 07:50| Comment(2) | 獣神示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょうど、友人にひふみ祝詞を教えていた時に、
閣下のブログが更新されて、この記事が出てきたのでビックリしました(笑)
ちゃんと、日本語版ルシファーの呪文である事も教えました^^
Posted by 真薩供 at 2011年02月26日 15:47
呪文の布教有り難う御座います^^
グッズを購入する時は言って下さい。
安くで流しますよ〜
Posted by 獣 at 2011年02月26日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。