2011年03月02日

修行なしにゼロになって他力本願でアセンション

本当のいのち懸けは、命を神に全託する
040.JPG

命懸けで生きるとは、死を覚悟して生きること。
「生死解決」をしたら生に対する執着はなくなり、
運命を神に全託して使命を全力で遂行することだ。
生きるも死ぬも、見通しの神(本当の自分)の手の内にあり、
人間の浅知恵で計算したり恐れたりする必要は何もない。

「生死解決」とは、生と死をはじめ、
対局にある全てのことが一元的(表裏一体)であるという悟りであり、
内観によって実現することが出来る。
獣は幼少の頃から、異常な程、死の恐怖と生に対する執着を持っていたが、
今では完全に克服している。
もちろん、好き好んで死にたくはないし、無駄死にもしたくないが、
生死を超越した境地に到達していて、生と死を等価なものと認識できる。

karuma1.jpg

カレンダーの説明では「命を神に全託するとは、神の如く生きること」
神の如くとは、我(自我)を消した無我の境地である。
それは「宇宙=無限我」という全体の命と融合した姿で、
個人としての命への執着は消え、命懸けになれるのである。
この「無」に到達し、更に悟りを開いて涅槃に入る為に、
古今東西には様々な修行法やメソッドがあるが、
世俗を離れて何十年修行しても到達できるかどうかという程、
並大抵では難しいというのが現実である。

しかし、人類全員がそんな修行生活を出来る訳ではないし、
全人生を費やさなければ到達できないような世界なら、
それは「本物」ではない、と言えば語弊があるが効率が悪過ぎる。
誰もが短期間で「真の自己発見」出来るように体系化されたのが、
「ネオデジタル内観」なのだ。
それを更に強力にしたのがハイパーネオデジタル内観で、
その中には、オポノポノのメソッドも含まれている。

「記憶」を消去するだけで、修行なしに無の境地へ
014.JPG013.JPG

ヒューレン博士は、数年間ヨーロッパでオポノポノを教えていたが、
急に「日本に行きなさい」という声が聞こえ、
「行きたくない。まだ終わってないから」と答えたが、
「まずは日本からです。後の世界へは日本から自然に発信されていきます」
という声が何回も何回も聞こえて日本に来たという。
やはり、日本は世界の雛型で、特殊な霊的磁場を持っているようだ。

ヒューレン博士は日本に来た事について、次のように述べている。

「これは、私の中の記憶をクリーニングする機会を
与えられているということなのです。
クリーニングは皆さんそれぞれにできますから、
私はやり方を教えているだけなんです。
色々な人たちがクリーニングを始めてくれて、
その人たちの中のものがクリーニングされると、
私の中もクリーニングされていきますので、
どんどんクリーニングの輪が広がっていくわけです」


まさに、他力本願exclamation×2

imagesCA167EST.jpg

オポノポノを指導しているヒューレン博士ですら、
まだクリーニングが終了していないらしい。
だが、この問題は至って簡単である。
自分の潜在意識をクリーニングすれば、真我が覚醒する。
しかし、それは意識進化の始まりだということを述べてきた。
そして、自分の意識進化は先祖供養や
幽界の浄化と直結するという仮説も述べてきた。
仮説というよりも、獣の霊的感覚が捉えている事実である。
それを前提に考えると、ヒューレン博士の言っている事が理解できる。

つまり、人類の潜在意識は深層で繋がっており、
集合無意識(アカシック・レコード)を形成しているということだ。
簡単に言うと、人類は、天地創造以来の全記憶を共有して持っており、
クリーニングはエンドレスなのだ。
岡田多母氏は、宇宙始まって以来の記憶を持っているそうで、
釈迦も幾多の宇宙創造と宇宙破壊を思い出したという。
それは本来、誰もが共有して持っている記憶なのだ。

imagesCABA6YQZ.jpg

ホ・オポノポノは、人類をはじめ、生きとし生けるもの、
あらゆる物質が共通してもっている、
地球創世以来の記憶をクリーニングすることで、
目の前の問題を解決していくというメソッドだという。

それは、まさに「全責任は自分にある」という証拠であり、
一人一人に「集合無意識の浄化=アカシック・レコードの修正」
という任務があることを意味する。
人間の潜在意識が創り出した影の世界が幽界だと言われているが、
人間の果てしない記憶の消去が「幽界の消滅」に繋がっていくのだ。
もっと言えば、宇宙カルマの解消の為に、人間が存在するのである。
それ故、潜在意識の浄化は人々と相互に関連しているという訳なのだ。

jnhgf.JPG

少し壮大な話になったが、話を戻して続けよう。

オポノポノでは、宇宙は全て情報で成り立っているという。
それは科学的にも解明されている通りである。
そして、自分の中の情報をクリーニングすると、
結果として全員がクリーニングされるという事である。
カメラで撮影したデータを、ボタンを押せば消去できるように、
「愛しています」「ごめんなさい」「有り難う」「許して下さい」
という言葉を消去ボタンとして、自分の情報をクリーニングできるという。

現象がなぜ存在するかというと、
自分の中に記憶があるから現象という存在があり、
苦は外にあるのではなく自分の心の中にあるということを釈迦は教えた。
原因は情報で、それは心の中にあるので、
常にクリーニングすることによって、地震も、不景気も、
問題だらけの世の中も、全てクリーニングされていくという。
その事は、『日月神示』や「ネオデジタル内観」でも説かれていて、
獣も何度も書いてきたので頭ではよく分かっておられると思う。

ヒューレン博士は、次のようにも言っている。

「政治や環境問題、すべてが私たち一人一人の記憶の現れです。
日本人が、100%このことを引き受けるという立場にたてば、
全世界にこれを発信することができるでしょう。
日本人がそうならなければ、世界は消滅する方向へ向かうでしょう。
もっと病気や欲張りが増えて、という時代がやってきます」


title_201001_01_680.jpg

ヒューレン博士は言う。

「本来みんな完璧な状態なのですが、日々様々な記憶が再現されます。
それを私はコンピューターの消去ボタンを押すようにクリーニングするのです。
空の状態になった瞬間に光が入ってきて悟りの状態になるのです。
そして次の記憶が現れて、またクリーニングして、光が来ての繰り返しです。
もう止まらないです」


ヒューレン博士は、声に出さなくても心の中で唱えるだけて良いという。
また、言葉そのものに力があるので、感情がこもっていなくても良いという。
ただ、繰り返すだけでいいという。
だが、感情を伴った音声には、強力なパワーがある事は間違いない。
そして、無数の「ありがとう」が繋がった模様が病的エネルギーを発する
という測定結果を紹介したが、繰り返し唱え続ける事はどうなのか……。
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/184953037.html

HI3G0034.jpgHI3G0033000.jpg

HI3G0035.jpg

それは、Oリングテストでも逆効果になることが分かっている。
また、語尾を上げたり伸ばしたりすると潜在意識に入りやすい。
それは、熱海断食道場の牧内泰道氏も言っているし、
隈本確の霊流の引き方も語尾を伸ばすことが共通している。

「ごめんなさーい」
「許して下さーい」
「愛していまーす」
「有り難う御座いまーす」
「感謝しまーす」


energy_zero01.jpg

さて、繰り返し唱える必要はないという検証結果となったが、
ヒューレン博士によると、「唱える必要さえない」という。

「宇宙で最も偉大な力というのは空、つまりゼロということで、
これ以上は宇宙に存在しないのです。
人間は、ゼロの状態に行き着く方法を自分の中に記憶させる事ができるのです。
そうすればお経を唱えたり、努力したりする必要がないのです。
自分の中にコンピューターのデータバンクがあるとして、
そこにプログラムを入れれば、自動的に意識しなくても
クリーニングが行われていくわけです。もちろん寝ている間も含めて。
これは誰にでも出来るのです。
例えば『般若心経を読まなくても、自分の潜在意識に自動的に読んで下さい』
と教えてあげることで、自動的に読んでくれるのです。
この存在をホ・オポノポノでは潜在意識の中の
『内なる子ども(インナーチャイルド)』と呼んでいます」


まさに、他力本願exclamation×2

唱えずにそうなる為には、唱える習慣を付けてインプットすると同時に、
シーポートグッズが役に立つ。
004.JPG

ブルーソーラーウォーターが体内の「記憶」をクリーニングしてくれる
という話をしたが、ヒューレン博士は毎日5リットル飲んでいるらしい。
ただ、水分摂取量は体質によるので、大量に飲めば良いというものではない。
また、麺類も食べるだけでクリーニングされ、噛む事によって
執着している事や、何か不必要に頼られているような事が全部切れるという。

イシハラクリニック院長の石原結實氏は、
朝食抜きで昼飯はソバを薦めているが、昼飯を食べるならソバにすると良い。
偶然にも、獣もたまに昼飯を食べるが、何故か必ずソバしか食べていない。

hikarinoryouyoku.jpg

「ゼロ」というのは「ゼロ磁場」とも関係している。
ゼロ磁場に行くと難病が治ったりするのは、
「ゼロ」の状態に戻るからだと考えられる。
河野薬品の河野氏によると、
「ゼロ磁場では罪穢れが清算され、借金も帳消しになる」という。

獣の部屋には、高周波発信装置の「ゼッテン116」があり、
ゼロ磁場を創り出す効果があるというのだが……
借金や負債がいつまでもゼロにならないのは何故だろう(笑)
しかし、この「ゼッテン116」も獣の修行のサポートに
一役買っていることは間違いないと思う。
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/153872142.html
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/154623043.html

だが、ゼッテン116は、専用のCDを流す必要がある。
そのような事をしなくても、常時、強力なゼロ磁場を作るアイテム
「アポロ」シリーズを以前から紹介しているが、
これは本当に日本中に普及させたいと思っている。
http://www.honmono.jp/Item.htm?itemId=4579
fielder_01.jpg

このようなアイテムが登場して世界改造に貢献するという事は、
物質文明の良い部分である。
物質文明が世界を破滅に導いているのは、
その副産物(暗黒面)であって、物質文明自体が「悪」ではない。
ミロクの世は、物質文明と精神文明の融合によって完成する。
故に、物質文明は必要あって発展してきたのだ。

それが神の経綸(宇宙意思のシナリオ)であり、
物質文明(体主霊従=悪魔)を否定してはならないのだ。
悪魔というとルシファーのイメージがあると思うが、それは違う。
霊主体従がルシファー(国常立尊)なのだ。
では、悪魔の正体は何かというと、聖書の神「ヤハウェ」である。
物質文明は西洋文明、西洋を中心に発展してきた西洋文明を支える
聖書の神が「悪魔」だったのだ。
これが、夢蛇鬼氏が唱える「善悪逆転論」である。

devil001.jpg

また、ヒューレン博士は、一切の診察なしで次々と患者を治し、
病棟を閉鎖に導いたらしいが、それで医師や看護婦たちが失業したので、
救世主と悪魔は表裏一体である。

ヒューレン博士は次のように述べている。

「私はカルテを見ながら『この現実をつくっている私の記憶は何なのだろう』
と問いかけ、「ごめんなさい・愛してます・ありがとう」と繰り返しただけです。
患者に対しては一切のアプローチはしていません。
自分の外にある現象をコントロールするのではなく、
自分の記憶(潜在意識)のクリーニングで問題解決するのがホ・オポノポノです。
オポノポノでは、全ての現象は自分の記憶が作り出していると考えます。
患者が病気で目の前にいれば、それは私の作り出した現象です。
だから、私の記憶をクリーニングする。
すると、目の前の現象は正常化するのです」

imagesCA2Q0YEG.jpg

「懐中電灯の光が、遮られることなく自分に届いている状態を想像して下さい。
これが『大いなる意思』からの情報が自分にそのまま届き、
目の前の現実にも曇りがない状態です。
この光と自分の間に、『手の平』をかざすと、影ができますね。
この手の平が私たちの『記憶』。
そして、できた影が目の前の『問題』です。
『大いなる意思』から届く光を遮っている手の平(記憶)がある限り、
影(問題)をいくらコントロールしようとしても、影は影のままです。
『ありがとう』などの言葉で、この『手の平』を消していくと、
光が届くようになって、影も消えます。
『大いなる意思』からの光・情報が、そのまま受け取れるようになれば、
自分が『問題』だと認識した現実は、自然に消えるのです」


012.JPG011.JPG

「私たちは『メモリーを消す』という役目を持って生まれています。
そして、それを実行していくことで自分自身が『大いなる意思』からの情報を
そのまま受け取れるようになり、結果的に様々な問題も解決していくわけです。
私が日本に来たのは、日本を救うためではありません。
病棟の患者の病気を治したのも、彼らのためではない。
私の記憶をクリーニングするためです。
私の中の古い記憶が目の前の現実を生み出すのです。
その記憶をクリーニングするには、
誰かが、何かが私の前でその記憶を見せてくれなければなりません。
だから、問題を持ち込んでくれた人々に感謝するようになります」


no9[1].jpg

『大いなる意思』とは、魂やハイヤーセルフのことである。
また、宇宙誕生以来の全責任は自分にあり、
「私は潜在意識の浄化を終了した」「私カルマの解消を終了した」
などという事は絶対に有り得ないのである。

そして、ヒューレン博士もまた、
どこまでも積極的な「自己中心主義」で生きている人である。
それは「命懸け」であり、「神に全託」した生き方だとも言える。
そして、ゼロ磁場とホ・オポノポノは、
修行や努力なしに意識進化・アセンションに導く秘法であり、
ソバを食べる事もアセンションをサポートしてくれるのだ。



posted by 獣 at 06:46| Comment(6) | 獣神示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は僕も以前、ブルーソーラーウォーターを実践していました。
ですが、あまり効果は感じられませんでした(笑)
ブルーソーラーウォーターは海と同じシステムですね。
実はこの記事の日の僕の昼食はソバでした(笑)
と言っても、この記事を見てからそうしましたが(笑)
Posted by 真薩供 at 2011年03月03日 23:35
ソバの効果も全然わかりません(笑)
コパ氏レベルの風水みたいですね^^;

ブルーソーラーウォーターは効果は感じなくても、
多分良い物だと思います〜^^
Posted by 獣 at 2011年03月04日 00:14
うどんじゃダメなんでしょうか?(笑)
さすがに毎日ソバを食べるのはマニアックすぎます(笑)
ブルーソーラーウォーターのビンが家にいくつかありましたが、
何故か全て割れてしまいました(笑)
確かに、ブルーソーラーウォーターをしてまず、害は無いと思いますね^^
Posted by 真薩供 at 2011年03月04日 12:46
ヒューレン博士によると麺類なら何でも良いそうですよ。
僕もたまにうどんを食べます(笑)
パスタの味噌汁もお薦めです^^
Posted by 獣 at 2011年03月05日 10:29
我が家では土日にうどんという事が非常に多いです。
でも、なんで昼食を食べたらあんなに眠くなるんでしょうね〜?(笑)
パスタの味噌汁、母上に頼んで作ってもらいます(笑)
Posted by 真薩供 at 2011年03月07日 00:04
消化にはもの凄いエネルギーが必要ですからね^^;
パスタは味噌汁にしたら余計な油を摂らなくて良いのでお薦めであります。
Posted by 獣 at 2011年03月07日 17:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。