2011年03月03日

アセンションを応援する爪もみロボット

姫君諸君、本日は桃の節句、誠に御目出度うひらめき
0119_img.jpg

3は日向族を象徴する数字であるが、
3月3日は、3+3=「6」で、獣の数字となる。

lkjh.bmp

さて、雛人形は「楽座」をしているが、平安時代から室町時代にかけて、
公家などの貴人は「楽座」が正しい座り方だとされていたらしい。
この「楽座」が真向法の【第1体操】である。

先月コンビニで立ち読みした雑誌にも載っていたが、
O脚解消でまっすぐ脚のポーズとして紹介されていたので、
神泉組1に追記した左斜め下
http://japan666.seesaa.net/article/122422834.html
110205_0342_01.jpg

書類整理をしていると、
骨盤ぐるぐる体操も紹介されていたので神泉組1に追記した左斜め下
http://japan666.seesaa.net/article/186100903.html
017.JPG

「足指ほぐしだけで全身の歪みが直る」と書いてあるが、
これは笠原説の「足裏バランス」と一致する。
だが、足指だけほぐしていれば良いというものではない。

あと、骨格矯正とは関係ないが、「指もみ」が自律神経を調整し、
免疫力を上げるという記事を書いたので御覧頂きたい左斜め下
変なタイトルだが、自律神経を整えて体温・免疫力をUPさせるという話である。

アセンションに導く「爪もみ」
http://japan666.seesaa.net/article/188716289.html

vol170.gif

メーカー在庫がなくなり次第、販売終了となるので載せなかったが、
「暖ぼ〜る」について紹介しておきたい。

これは5つの穴の開いたボールに指を入れると、
自動的に「爪もみ」をしてくれるアイテムだが、
指先の血管と神経に近赤外線を放射して刺激し、
反応を間脳を通じて全身へ送り届ける優れ物だ。
023.JPG

合気柔術から生まれた「暖ぼ〜る」
024.JPG

025.JPG

獣理論では心身の超健康の延長にアセンションがあり、
自律神経を正常にすることが大きなポイントとなるが、
爪もみロボットという文明利器がアセンションに導く。
詳しくは、上記の神泉組のURLを御覧頂きたく思う。

009.JPG010.JPG

011.JPG012.JPG

恐らく、高価で売れ行きが悪い為に販売中止になるのだろうが、
獣に相談してもらえれば安くなるので大至急相談して頂きたい。
だが、そう言っている獣自身は買えないので使っていない(笑)
出展ブースで試した事はあるが、なかなか心地良いものだった。
穴に指を突っ込むと温かくて、締め付けと弛緩が繰り返される。

神泉組2でも紹介したが、暖ぼ〜るを購入しない人たちには、
ダイソーに売ってる下のアイテムを購入する事をお薦めする。
105円でアセンション!ダイソーが人類進化に貢献である。
110303_1352_01.jpg

尚、爪もみがアセンションに導くというのは、
決して荒唐無稽な話ではない。
その理由は、自律神経の中枢である間脳を正常化するからだ。
間脳の中心に松果体があり、それがアセンションの鍵を握る。
また、病気の原因は免疫力の低下だが、
免疫力の低下の原因が自律神経の調節障害である。
生姜紅茶ダイエットで有名になった石原結實氏は、
「体温を上げれば病気は治る」と断言しているが、
まさに自律神経失調と冷え・低体温はリンクしており、
当然ながら「暖ぼ〜る」には体温を上げる効果がある。

tumemomi.jpg

それでは、神泉組1でも書いたので重複するが霊的に解説してみよう。
肉体を「氷」に例えると、バイブレーションが上がって「水」となり、
水のバイブレーションが上がって、気化するのがアセンションである。
バイブレーションとは波動の振動数で、肉体の体温にも影響している。
つまり、体温を上げる事はバイブレーションを上げるという事なのだ。
もちろん、器具などを使用せずに「指もみ」をしても効果は得られる。
当然ながら、その逆もまた然りで、意識進化によっても体温は上がる。
かつて自律神経調節障害だった獣だが、体温は常に36.5度である。

4770411162.jpg

それは、意識が間脳に影響を与えるからである。
名誉心理学博士の蔵本天外氏は、
『意識が変われば世界が変わる』の中で次のように述べている。

「病気の90〜95%は自律神経の失調によって
引き起こされると言われています。
自律神経失調症そのものは頭痛、肩凝り、立ちくらみ、
便秘や下痢、動悸、冷え、発汗、のぼせなどが主な症状ですが、
原因不明の部分も多く、治りにくいやっかいな疾病の一つです。
自律神経というのは末梢神経系の一つで、人の意志と無関係に、
内臓・血管・腺などの人体機能を自動的に調節する神経系です。
自律神経系の調節異常が様々な病気の元になる事がわかってきました。
自律神経は脳の中枢である間脳によって管理調節されているのです。
間脳が正常に機能していれば心身ともに健康になるのですから、
ここが重要なところです」


アセンションに導く「爪もみ」
http://japan666.seesaa.net/article/188716289.html

posted by 獣 at 17:39| Comment(0) | ヨハネの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。